江戸川区出張マッサージを何度か受けた体験

私は、疲れが溜まっていたときになんどか出張マッサージを受けたことがあります。その際ですが、やはり本当に体が軽くなり、本当に助かったと感じたことがあります。
出張マッサージはホテルで受けたのですが、その時は疲れが溜まっていて今にも寝そうだったので、そのマッサージ師の方にそう伝えました。すると、エアコンの温度も調節してくれて、力の加減なども聞いてくれ、こちらが寝ても良いようにセッティングをしてくれました。
マッサージをしている間は、まさに夢心地でとても気持ちよかったです。腰や足が非常にその時は凝っていたのですが、そのあたりを重点的にほぐしてもらいました。時々ちょっと痛いかな…と思いましたが、疲れがその分取れた方がいいと思って、そのまま続けてもらいました。
終わった後は血液の流れが良くなったのか、体がかなり火照り、暑くなりました。また、ちょっと体が軽くなった気がして、本当にすぐに眠りにつくことができて良かったです。

江戸川区について

東京都「江戸川区」は、東京の東の端、江戸川をはさんで千葉県と接する位置にある市区町村です。北で葛飾区、西で墨田区、南西で江東区と接しています。総人口は70万人程度で、区の木はクスノキ、区の花はツツジです。「江戸川区」という地名は、東側を流れている江戸川が由来になっています。都心に近く、それでいて地価や物価が低めに設定されていることから、都心で働く人たちのベッドタウンとして機能しています。江戸川で8月に行われる「江戸川区花火大会」は全国最大の花火イベントで、共催している市川市側の観客も含めると、140万人近い人に楽しまれています。他にも小岩阿波踊り、小松川千本桜まつりなどの祭りが催されています。江戸川区の南側の大半が埋め立て地になっていて、葛西臨海公園・葛西臨海水族園があります。特産品には「朝顔」また「金魚」、「小松菜」などがあります。小松菜は、区内を流れる小松川が由来になった、江戸川区発祥の野菜だと言われています。

トップに戻る